k9yPKKYg_400x400

1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:06:28.04 ID:j55BEnuP9
母国の名門ディナモ・ザグレブのスタッフからキャリアをスタートし、世代別代表チームを指導するなどクロアチアを代表するストレングス&コンディショニングコーチの一人であるクレシミール・ショシュ。

そんな彼のトレーニングメソッドに、なんと日本の忍術が「非常に大きい」影響を与えているのだという。 果たして、どんな関連性があるというのか。意外な関係性の背景、そして、日本への想いを聞いた。

インタビュー・文・写真 長束 恭行
20190429-00010001-fballista-005-view

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00010001-fballista-socc

~中略~

忍術からの学び
――さて、あなた個人の話に移りましょう。日本人の我われにとっても非常に興味深いのですが、あなたは「忍術」を長きにわたって稽古されていますよね。何をきっかけに始めたのですか?

 「ティーンエイジャーの頃に観た映画が影響しているのは間違いない。アメリカの忍者映画をはじめとしてね。そこで忍術というものを初めて私は耳にしたんだ。稽古を始めたのは13歳の時。ザグレブの忍術道場『武神館』に入会した。忍術に対する愛情というよりは、日本や日本文化に対する愛情がきっかけなんだ。今は昔ほどアクティブに稽古はしていないけど、10年以上は真剣に取り組んだよ。

 忍術はフィジカル的な様相だけにとどまらず、哲学を通して自分自身を鍛える素晴らしい武術だと思う。そのことが私を惹きつけたんだ。長年懸けて築かれたトレーニング手法はとても興味深かったし、その方法論は質の高いものだった。どのように技を構築するか、どのように身体のバランスを取るか、どのようにスピードを培い、身体を鍛えていくか、など。私の頭の中ではこれらの経験が今のトレーニングの指導法と結合しているのさ」


――忍術を学んだ経験は、あなたの専門分野にどれだけ影響がありますか?

 「影響は非常に大きいよ。なぜならば、サッカーと忍術を並行して学んでいた時代があるからね。こんな現象が自分の身の上で起きたんだ。忍術を稽古した直後にサッカーをやると、ボール扱いがより正確になり、スピードが増した。最初はまったく関係ないと思った。サッカーのトレーニングを通してボール扱いが上達することが論理的だからね。でも、『なぜこんなことが起こるのか?』と私は早い段階で研究を始め、『動き』について解析をした。効率的に動きの質を高められれば、動きのメカニズムがより正確であるならば、それをサッカーのピッチへと持ち込める。その考え方が今現在に繋がっているのさ。私のトレーニングでは『質の高い動き』と『メカニズムの構築』を中心に行う。新しいトレーニングの方法論や手法を使うことで、素早く効率的な変化を選手にもたらしてくれるんだ。その結果、試合でもより高いパフォーマンスを発揮できるんだよ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00010001-fballista-socc&p=3

>>2以降に続く

2: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:06:57.07 ID:j55BEnuP9
>>1
――選手を指導する際、忍術とまったく同じトレーニングを利用することはありますか?

 「似通ったアイディアに基づくトレーニングは行っている。私が修得した『フェルデンクライス・メソッド』を利用しているんだ。これは柔道歴のあるイスラエルの学者が生み出した身体コントロール法で、忍術の稽古との共通点がかなりあるのさ。ケガをしてからの復帰も早くなるし、ケガの予防にも繋がるから、これらのトレーニングは選手の手助けになっている。実際、私のキャリアにおいてはケガに強い選手ばかりを育てているね」


――選手たちはあなたが忍術を稽古していたことは知っていたりするのですか?

 「いや、そこまでは。自慢することは好きじゃないし」


――同僚は知っていたりするのですか?

 「ある者は知っているけど、そこまで大きな関心を持たれることはないかな」


――偏見とかはあったりするのですか?

 「それはないよね。忍術の経験談はそこまで口にしないから、おおよその人はその話を聞いたらまずは驚くよ。でも、他人がそのことを知るかどうかなんて自分にとっては重要ではないからね」


――3年前にあなたは初めて来日したそうですね。憧れの日本はいかがでしたか?

「それはもう、とても興味深い経験だったよ! ザグレブ大学体育学部の博士課程の活動の中で、自分の研究発表をどこかしらで行う必要があったんだ。パブレ・ミクリッチ教官と相談して、2016年夏に筑波大学で『国際スポーツバイオメカニクス学会』(ISBS2016)が開催されることを知り、2人での出席を決めた。来日の第1の目的は学会発表だったけど、第2の目的は日本そして東京を自分の目で観たかったこと、そして第3の目的が千葉県野田市にある『武神館』の本部道場で幾度か稽古をつけてもらうことだった」

5: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:08:20.11 ID:j55BEnuP9
>>2
――学会ではどんな発表をしたのですか?

 「『サッカーのエリート選手における体幹運動とアクセルレーションの関係性』について。ディナモの選手たちの身体に試合でも使うGPSを装着し、20mスプリント走のテストを行った。そこから角速度と身体の関係を調べ、その中で脊椎の真ん中にある『胸椎』の動きがスプリントにおいて間接的な形で重要な影響を与えることを明らかにした。とりわけ最初の数ステップにおいてはアクセルレーションとはっきりとした関係性があるんだ」

トレーニングに“忍術”!?クロアチアの“黒帯コーチ”のメソッド
――武神館は戸隠流忍法の第34代宗家・初見良昭氏が創設した道場だそうですが、そこで何日間稽古をしたのですか?

 「5日間だね。午前は筑波大学の学会に出席し、午後には道場での稽古を毎日繰り返した。本当に興味深かったよ。もっぱら白石勇師範に指導していただき、初見宗家には2度、野口幸男師範には1度指導していただいた。『センセイ』たちはそれなりの年齢であるにもかかわらず、コーディネーションや動きに対する感覚、相手の気配を読む感覚、タイミングや間合いの感覚、力における相互作用の感覚といったものが凄まじかったよ。ここぞという瞬間に、小さな力で対戦相手をたやすく倒してしまう。彼らの稽古や指導に対する取り組み方は本当に魅力的だった。興味深かったのは、道場は30人が入れるくらいの広さにもかかわらず、どの稽古でも60人は集まっていたことさ(笑)。それほど多くの人であふれていた」

6: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:09:10.76 ID:j55BEnuP9
>>5
――外国人はどれくらいいるのでしょうか?

 「とてもたくさん。日本人は数人といったところで、あとは世界中から外国人が集まってくる。私が知り合っただけでも南米諸国やメキシコ、ニュージーランドやUAE……」


――ストレングス&コンディショニングコーチとして日本で働きたいという気持ちは強いのではないですか?

 「日本で働けたらいいなと思うよ。なぜなら、誠実さがとても評価される国であるし、日本の文化や哲学が自分という人間を作り上げたといっても過言ではないからね。忍術を始めた13歳の頃から日本に関する本はたくさん読んだし、稽古を通して日本の考え方へと近づこうとした。普通の外国人ならば別世界と思えるような日本のメンタリティや文化であっても、私は生活の中ですんなりと順応できると思っている。責任感を強く持つこと、何事にも正確であることが私のモットーだし、そういう人間でもあるから、重荷を感じることなく環境に馴染めるだろう。物事を計画することも好きだからね。時間通りに電車が来て、時間通りに駅に到着するなんて最高だよ(笑)。

 加えて、『もっと日本という国を知りたい』と思っているんだ。まだ見ていないものがたくさんあるし、自分の魂と言うべき忍術をもう少し鍛えられるかもしれない。

 日本の道場において非常に興味深かったことの一つとして、同じ流派を教えている指導者の間でもそれぞれの個性やスタイルがあること。私に最も適した指導スタイルは白石師範のものだった。客観的にみれば相応しくない『段』や『帯』をしばしば生徒の方が望むような慣習が日本にはあったりする。私は黒帯(四段)をクロアチアで取得していたのだけれども、白石先生は私に対して五段を取得するよう推してくれた。忍術で五段に合格するということは、他の武術と同様に非常に特別なことなんだ。

 昇格試験では、生徒が床で『正座の構え』をしている背後に指導者が木刀を持って立つ。先生がその木刀を振り落として頭を叩こうとする際、生徒は振り返ることなく、気配を感じて木刀を避ける必要がある。難しいのは、その瞬間において自分の頭の中からすべての思考を取り去らねばならないことだ。意思を持つことは一切できず、音に頼ることもできない。そんな時間すらないのだから。もちろん見ることもできない。単に感じなくてはならないんだよ」


――その試験にチャレンジしたのですか?

 「そう。ここ数年はしっかりと稽古を積んではいなかったものの、白石師範は昇格試験を受けるよう私を説得した。こちらの言い方をすれば『私を炎の中に突っ込む』ことを白石師範は望んだのさ。先生が木刀で頭を叩いた時点で不合格となる。もし木刀を振り落とす前に動いてしまったのなら、もう一度。最初の2回は神経質になってしまい、私は正しいタイミングよりも前に動いてしまった。3度目にアメリカ人の先生が木刀を振り落とした時、ここぞというタイミングで避けることに成功したんだ。

 とはいえ、自分は合格に値しないと思ったし、今でも五段のレベルには相応しくないと思っている。その一方で、経験という点で『実際にやってみたらどうなるのか?』ということには惹きつけられた。あれは異次元の瞬間だった。頭が木刀でかち割られることなどは最低限の心配だったんだ。最後には初見宗家も立ち会う中、60人から70人の人々を前にして私は五段に合格した。あれは素晴らしい経験だったよ」


――もし日本に住むことになれば、もっと忍術の極意も会得できますね。

 「そう。何はともあれ、非常に意義のある日本での1週間だったよ。自分にとっては最高の経験だったね」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00010001-fballista-socc&p=4

4: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:07:59.33 ID:fB/dSvGZ0
(´・ω・`)タートルズで間違いないな

9: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:11:03.34 ID:73cdVKqj0
ゲルマン忍者ならぬクロアチア忍者

12: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:14:25.25 ID:LMX/Etlw0
クロアチアのザグレブに「忍術道場」があるのが驚き。

14: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/29(月) 23:16:27.98 ID:jE+Ry+vc0
長文すぎて読む気がしねえ
要するにミュータントタートルズのお話ね

17: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/30(火) 00:07:15.18 ID:6RDgUWOi0
忍術っていうと大げさだけど

普通に パルクール って検索してみ
ぶっちゃけ全身運動の仕方がわかってないサッカー選手多すぎる
股割りとかできるやついるか?
もっと古武術からヒント得ようよ

18: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/30(火) 00:51:56.80 ID:1uIoEz9m0
戦国伊賀島かよ

24: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/30(火) 03:20:10.09 ID:8rbWx4eL0
分身の術

25: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/30(火) 03:29:59.10 ID:8rbWx4eL0

26: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/30(火) 03:31:32.34 ID:lCuEclvp0
葉っぱを頭に乗せて変装

34: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/30(火) 10:01:55.83 ID:4UWnP1Wd0
飲み会1次会後スグにドロンするわ(´・ω・`)

35: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2019/04/30(火) 12:28:22.65 ID:qli4M7uz0
じゃあまず螺旋丸取得からな


999: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします


1000: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556546788/

【筋肉速報おすすめ厳選記事】

【人気筋トレ雑誌】
Powered by amaprop.net 【人気筋トレ器具】
Powered by amaprop.net 【人気プロテイン】
Powered by amaprop.net
【人気ブログランキング参加中】