1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:02:55.08 ID:KhlrGG799
日本格闘技界の歴史的一戦である、2000年5月1日に行われた「PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦」での桜庭和志vsホイス・グレイシー戦から20年の時がたった。

まるで喧嘩のような何でもありの総合格闘技ルールでは、何となく「日本人は弱いのでは?」という思い込みがあった人が多かったと思うが、この一戦を含めその考えを見事に覆してくれたのが桜庭だった。
この一戦から総合格闘技に興味を持つ人が一気に増えたが、黎明期の総合格闘技界はヒクソン・グレイシーとの激闘を繰り広げた高田延彦らプロレスラーがけん引したのは間違いない。

そこで今回はプロレスラーから総合格闘家に転身し、「プロレス強し」をアピールしたファイターたちを振り返りたいと思う。

まず、最初に挙がるのが前述した桜庭だ。総合デビューから主にPRIDEのリングで戦い、無効試合や時間切れの引き分けを挟みながら、9連勝を記録。
その中の勝ちには当時MMA界で最強勢力でもあった“グレイシー一族”のホイラーとホイスも含まれる。
その他にも、ともに後のUFC王者となるビクトー・ベウフォートとカーロス・ニュートンも倒しており、このことからも桜庭が当時のMMA戦線でトップクラスの実力を誇っていたが分かるだろう。

97年の12月に行われた「UFC JAPAN」のヘビー級トーナメントで王者となった際には「プロレスラーは本当は強いんです」という名言も残し、“プロレス最強論”を信じるファンを熱狂させた。

その後も、総合格闘技ブームの中心選手として、最大のライバルでもあったヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップ、ケビン・ランデルマンら世界トップクラスのファイターたちと次々に対戦。
シウバとの戦いでは3戦して3敗と1度も勝利を飾ることができなかったが、未来のUFC王者となるクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンを破るなど、世界の強豪と対等にやりあっていた姿が今も記憶に残る。

ケガの影響もあり途中からは負けが込んだが、キャリアのスタートからそうそうたるメンツと対戦しながら、通算の戦績は26勝17敗と勝ち越し。
試合前の入場、ガチンコの試合の中で見せる変幻自在の戦いぶり、試合後のマイクパフォーマンスなど、常にファンを喜ばせる姿勢は、
戦いの場が総合格闘技のリングであってもプロレスラーであることを忘れさせなかった。

2017年には現在の総合格闘技の最高峰であるUFCの殿堂り。
UFCのデイナ・ホワイト社長も桜庭の“大ファン”と公言しており、能力を高く評価。
自身より大きな相手との対戦により桜庭はキャリアを破壊されてしまったが、適正体重の階級で戦っていれば日本だけではなく世界のスーパースターになりえる存在だったと賛辞を送っている。

桜庭の次に名前を挙げたいのは「猪木イズム最後の闘魂継承者」と言われた藤田和之だ。
藤田は桜庭同様にレスリングがベースでタックルの技術なども素晴らしかったが、総合格闘家というよりもこれぞプロレスラーといった
“野獣”のような肉体もプロレスファンにとってはたまらなかった違いない。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200416-00000005-sasahi-fight&p=3
4/16(木) 17:00配信
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=-MCSeqDj4gU


桜庭和志 入場曲 SPEED TK RE-MIX

https://www.youtube.com/watch?v=9crRFTKEQsM


田村潔司 入場曲

https://www.youtube.com/watch?v=72ZGpHx7tbk


藤田 入場曲 アントニオ猪木のテーマ 「炎のファイター」 オーケストラ・バージョン

https://www.youtube.com/watch?v=DWRCDYcDQg4


高田 入場曲

120: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:41:15.47 ID:uPG9oePn0
>>1
小川直也も入れてあげて

161: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:52:57.60 ID:/Tjvxpnc0
>>1
いや、プロレスはあくまでショーであって、総合格闘技として強いかどうかはまた別物
そこに名前があがってるのは、彼らがプロレス以外でも強かったというだけ
プロレスはショーであることにこそ価値があるのであって、それを否定するべきではない

226: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 23:07:15.60 ID:9338mUfB0
>>1
高田にTwitterでブロックさせてる俺は不戦勝

2: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:03:58.88 ID:qx/PrvfW0
戦闘竜の
「相撲は強いんだよ!」
が好き

61: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:25:27.74 ID:0pcvs2pa0
>>2
総合格闘技はあまり見なかったけど、戦闘竜は総合デビュー時点で
相撲体型ではなく、しっかりと身体を作ってきたところが好感持てた。

3: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:04:14.58 ID:KhlrGG799
桜庭と同じく、当時の世界トップファイターたちと激闘を繰り広げ、戦績は18勝14敗。「PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦」では、
桜庭のホイス撃破とともに「霊長類ヒト科最強」と呼ばれた強豪マーク・ケアーを判定で下し、格闘技人気に火が付くキッカケを作ったといっても過言ではない。

最もファンが熱狂したであろう試合は、間違いなくエメリヤーエンコ・ヒョードル戦だろう。当時は「誰も勝てないじゃないか?」
と思うほど圧倒的な強さを披露したヒョードル相手に、結果的にはチョークスリーパーで敗戦となった。だが、右フックでヒョードルをグラつかせたシーンは、日本の格闘技ファンなら誰もが思い出す名場面の一つとなった。

藤田の能力についてはヒクソン・グレイシーとも対戦したプロレス出身の格闘家である船木誠勝も称賛。
自身のYoutubeチャンネルでの「セメント最強のレスラーは?」というテーマの動画で、藤田を選出している。

その他ではヘンゾ・グレイシーを判定で下し“グレイシー狩り”に成功した田村潔司も、MMA黎明期から活躍したプロレス出身のファイターだ。
総合格闘技がメジャーになる前からフランク・シャムロック、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラといった強豪と戦い、戦績は48戦して33勝13敗という記録を残した。
桜庭とは違い“無骨”なファイトスタイルでエンターテイメント要素は少なかったが、田村も間違いなくプロレス強しを印象づけたファイターである。

日本に限らずプロレスの本場アメリカでもWWE出身のブロック・レスナーが総合格闘技で存在感を示した。
キャリア第4戦目でMMA界の“レジェンド”ランディ・クートゥアを倒し、早々とUFCのヘビー級王者になると、その後も2度王座を防衛。
総合格闘技でのキャリアはわずか9戦のみだったが、プロレスラー=強いを世間にアピールすることに成功している。

また、戦績は抜きとして“名勝負”を生み出すのもプロレス出身ファイターの特徴でもある。
ブラジルの強豪マルコ・ファス相手に番狂わせを演じたアレクサンダー大塚、総合格闘技界のレジェンドであるドン・フライと壮絶な殴り合いを演じた高山善廣ら忘れられない戦いは多い。

このように総合格闘技の黎明期を引っ張ったのは間違いなくプロレス勢だった。今では競技としての地位を確立し、
どの選手は初めからMMAファイターになることを目指しトレーニングするケースが多くなったが、
かつては“異種格闘技戦”の意味合いもあった総合格闘技で存在感を放ったプロレスラーたちの功績は計り知れない。

https://www.youtube.com/watch?v=Ii-3mmEQtHM&t=128s


アレクサンダー大塚 入場曲

https://www.youtube.com/watch?v=QU7UCkLrF5E


スカイ・ウォーク ケンドー・カシンのテーマ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200416-00000005-sasahi-fight&p=3
4/16(木) 17:00配信

5: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:05:43.44 ID:beGQXXZF0
桜庭と藤田は分かるけど田村?

16: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:09:27.56 ID:WsiDRC4k0
>>5
ヘンゾグレイシーに勝った

90: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:33:17.34 ID:1zge0uqB0
>>5
一応ガチではジェレミーホーン、パットミレティッチ、ヘンゾ、デイブメネー辺りに勝ってフランクシャムロックと引き分け

ただ全部ルールがパウンドないし微妙

7: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:06:20.20 ID:YObWb/ID0
高田は弱い

13: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:08:40.57 ID:RfHPnG0d0
>>7
あんな高速タップの持ち主が弱いだと?

133: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:44:36.31 ID:BtD1mGTi0
>>7
何でや、コールマンに勝ったやないか

166: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:54:32.42 ID:pjkzNoXW0
>>7
柔道初段だけど高田なら勝てそうな気がする

15: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:08:51.49 ID:KhlrGG790
https://www.youtube.com/watch?v=rPduJ_kyKnc


石澤(カシン) vs ハイアン・グレイシー 入場

17: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:09:31.93 ID:2s5Vhi7H0
ケンドーカシンの石澤がボコボコにやられて歯が立たなかった事があった。当時..偉そうに言ってた割にはあっさり負けて笑い者に

22: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:11:54.54 ID:KhlrGG799
no title

no title

no title

39: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:17:44.03 ID:Kl3Us1Lt0
>>22
プロレスラーはほんと頑丈さだけは世界一かもな

24: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:12:09.64 ID:IthGFG0/0
なんで相手が倒れてるときに攻撃しないんだろう
なんか相手を蹴るときの蹴り方が不自然に寸前で止めてる感じだな
そう、子供の頃は思ってた

プロレスはサンタクロースと同じ

25: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:12:17.43 ID:4zOapI9n0
田村潔とか言うYouTuber

31: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:14:54.57 ID:KhlrGG799
no title

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=dIUG_JcPAYM&t=145s


S.T.O. 小川直也のテーマ

https://www.youtube.com/watch?v=-MULFcN9UO8&t=13s


小川×吉田@入場シーン(小川のみ)

32: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:15:31.81 ID:xkNcg5bp0
全盛期藤田は日本人史上最高だろ。
吉田や小川みたいなオリンピックのスーパーアスリートより強さでは上
真っ向勝負でケアーやサップに勝てるのは藤田和之くらい

34: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:16:23.78 ID:/xCUd+Bq0
>>32
ミルコの膝さえなければな

45: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:21:01.78 ID:xkNcg5bp0
>>34
あれそのまま続行してテイクダウン出来てれば勝てた。傷は深いがダメージ自体はさほどでもない感じだった

50: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:22:21.73 ID:/xCUd+Bq0
>>45
いやいや一歩間違えたら死ぬぞあれ

33: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:15:58.52 ID:mBfeuMnk0
全盛期の藤田は強かったな
ステだけど

41: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:18:01.79 ID:Z7dr2amA0
ブロックレスナー、ジョシュバーネット

42: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:19:06.64 ID:qONFOuKD0
桜庭は最高だった

44: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/04/16(木) 22:20:25.77 ID:W7tGBoe40
まともにプロレスしてたの藤田ぐらいやろ


999: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします


1000: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1587042175/

【筋肉速報おすすめ厳選記事】

【人気筋トレ雑誌】
Powered by amaprop.net 【人気筋トレ器具】
Powered by amaprop.net 【人気プロテイン】
Powered by amaprop.net
【人気ブログランキング参加中】